七尾魂!
七尾をこよなく愛するもったんのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4の波
昨日更新したはずのブログがなぜか更新されず、
そのあとやり直す気力もなかったよ。。。。面白いの紹介してくれた
06のお二人ごめんなさい

今日は朝8時からもはや恒例となったコンサル技法ミート@でにーずにいき、
朝マックして帰って寝て(くっちゃね=ふとる。。。)、
起きて向かいに住んでる友人カー
(正確には抽選で当たった一週間試乗権利で借りている車)で
まるたかでランチだと安い大海老定食@1300円也優雅に食べてから
学校に来ましたとさ。

で、伊藤研では、我らが良二先生が某●下電機の副社長にも話したという
「2020年の潮流」って話をしてくれました。
まあ面白ろネタではま~~ったくないのですが、
俺的には割とほげ~~って思うところ満載だったので追記にして載せたいと思います。

でも読んだらきっと「ほげ~」って感じになるよ笑

話の要点は基本的に4つ
①アジアの台頭
②高齢化の意味
③豊かさの行方
④第四の波
でした。まあ簡単に説明を以下に。。。。

(どーでもいいけどたった今メディア2階なのに、
隣で床で寝ていていびきを書き出したてつを殴りました)


①アジアの台頭
要はカネもヒトもBRICsのうち、特にインドと中国に集まりまくるってことですね。
もともと人口が多くて資源の豊富なところな上に、
技術的にも先進国のアウトソーシング先としての実績があるので、
ホント今後圧倒的な競争力を発揮してくるそーですよ。
インドおそるべし!クマ●ルおそるべし!!!笑

②高齢化の意味
こっちは(特に日本の関して)高齢化が結果として、
労働力が減少しちゃうよーって話でした。

まあ人数だけが問題なわけではないんだけど、
インフラの整備が世界TOPレベルなわりに
日本的な組織体制や意思決定プロセスとのすりあわせがないために
生産性の向上も日本はうまくいってない!とのことでした。

つまり、今後はそのような日本的な組織体制や意思決定のいいところを
モジュール化しつつ、インフラのいいところとすりあわせを計りながら
生産性をあげていくことが大切とのことでした。

しかーし!
労働力確保という面をやはりみてみると
女性、高齢者、外国人という3つは欠かせないのに
女性や外国人にはまだ壁が高い部分があるのでそれをどーしましょって感じでしたね。


③豊かさの行方
これは、まあ結構むずかしい概念的な問題だなぁーという感想でした。
とりあえず、
・非必需品の市場が拡大していること
・多くのサービス・製品の価格が下落していること
が最近先進国では観察されていて、
企業の成功パターンは
・低コスト大規模
・高額ニッチ
のどちらかになってきているってことがまず言われていました。

その上で、上記のような成功パターンの二極化の背後にある
消費者行動をきちんと捉え、ビジネスモデルに反映させることこそが
大事であるのだとのことでした。

(さっきてつをもう一度殴りました。)

そして、そのビジネスモデルに反映させるのに情報通信技術を使うってのがポイントだった気がしますね。
SNSとかBLOGとかがまさにそう。
多様性が主流になってマイノリティーを無視できない時代がきているってことですな。

あとそういう風に小さな存在を無視できなくなると
「個」の単位のエコノミクスを理解しないとダメっていう例がでてました。
「個」の単位をうまく考えたのがソフトバンクのBBくばりまくっていたやつですかな。

④第四の波
最後にこれ。
一般に第三の波といえばITをさすのだけども、
それはもう終わった、正確に言うとランゲージ化して
できて当たり前の世界になっているということですね。
そしてこっからほげ~だよー。

じゃーその次ってなんなの?ってときに
今までの①~③の話をつなぎ合わせると、
「ハイコンセプト・ハイタッチの時代」がくるってことになるらしいっす。
今までは情報の時代、つまりナレッジワーカーが活躍する時代で、
知識をたくさん有していることが重要な競争力になっていたわけですよ。
英語しゃべれたり、IT使いこなせたり、MBAの知識もっていたりとか。


それが
・ハイコンセプト
 -見たろころ関連性のないアイディアを組み合わせて、斬新なものを生み出す能力
 -芸術的・感情的な美を創造する力
 -パターンやチャンスをみいだす能力 など

・ハイタッチ
 -人間関係の特徴を感じ取れる能力
 -他人と共感する能力 など


が重宝される時代がくるようになるってことでした。
つまりは、人間関係うまくやっていける人とか
クリエイト・感覚的な部分が優れている人の時代がくる!ってことですよ。


これっていうのはやはり知識の部分はIQも高くて、しかも
通信技術の向上で瞬時に連絡が取れるようになったBRICsにいるような人々の力や、
コンピュータそのものの力に頼るようになっていき、
むしろ先進国では今後それらをいかにマネジメントするか
ということが大切になってくるのではないかということですよ。

そういうときには
・業務を処理することより、人間関係を結ぶこと
・ルーチンワークをこなすより、斬新な課題に取り組むこと
・ひとつひとつの要素を分析するよりも、全体像をまとめ上げること

が大切になるわけですね。

うーん。なんともー。
第3の波までの世界、情報の世界で今まで生きてきた自分たちには
ほげ~~~って感じですなぁー。
しかも、第3の波までで必要とされたような能力は
まったくいらなくなったとかいうわけではなくて、
それがあって当たり前みたいな世界なわけだからきついなぁー苦笑
もう今にも大学やめてしまって、芸術で生きていこうかなとか思ってしまう話ですね笑

とりあえず、今日のこの話で自分が思ったことは
①自分はじゃーどーすりゃーいいのさ?
②日本やべくね?
ってことですね。
①はまあふつーにそんな世の中に自分が適合していけるんだろーかって不安ですな。げいじゅつせんすにゃい。。。。泣
(またてつをたたきました。さっきから起きたり寝たり)

②はリアルに日本はこの第4の波がやってくる世界で
世界で競争力を維持していけるのかってことですよ。
実際、この世界では
世界の人とコミュニケーションと取る=英語必須
IT技術で連絡を世界と取る=IT必須
なわけで、日本でそれに対応した十分な教育がなされているとは思えないのが現状。。。。
文●科学省よ。。。盗作問題も大切かもしれんが、
こっちはもっとやばいぞ!と言ってやりたいですね。

まあわりとさらりとながーーーくかいたんだけど、
自分的にかなり衝撃的な内容の授業だったのでシェアできればと思って
(シェアして著作権的に問題ないのかな?苦笑)
がんばって書いてみました。
軽く授業のログだけど笑

ちなみにてつはまだメディア2階の床でねっころがりながら
本読んでるけど、たまにいびきが聞こえてきますとさ。




 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハイコンセプトといえば
初コメント。だってもったん面白いこと書かないんだもーんw

もしその手の話に共感したのなら、ダニエル・ピンクって人の書いた『ハイ・コンセプト』っていう本を読むといいよー!というか、もう読んだのかな?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837956661/250-3096200-4544248

まさに上記の話が詳しく書いてあって、じゃあどんな能力を伸ばせばいいの?ってとこに著者なりの回答を示してます。ホントかよって感じもあるけどw
「Play」の精神が重要になるらしいので、もったんはきっと生き残っていけるよ。「笑いクラブ」が世界を救うって!
2006/06/07(水) 23:53:17 | URL | たくみ #-[ 編集]
たくみ~☆
今日は朝出会えて運命かんじちゃったよ笑

そうそう。実はこの話はその本からのものなんだよねぇー☆
昨日研究会でこの本みんなで買うだろ~みたいな感じになって盛り上がってました。
さすがたくみ先生よくご存知で<m(__)m>

ってか「笑いクラブ」が世界を救うんだね!
それはあつい☆
おれも生き残っていけるよう日々精進いたします~
2006/06/08(木) 13:38:38 | URL | もったん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mottan770.blog64.fc2.com/tb.php/33-cebf3e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。